続:独学生活。

通教記録帳ときどき雑記

2017:November

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>

20080903

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

20080515

[読了]図解! あなたもいままでの10倍速く本が読める


図解! あなたもいままでの10倍速く本が読める図解! あなたもいままでの10倍速く本が読める

著者:神田 昌典
出版社: フォレスト出版 (2005/5/24)
ISBN-10: 4894511959
ISBN-13: 978-4894511958
発売日: 2005/5/24

仕事に、試験勉強に…あっという間に文書が読めて、しっかり理解できる!ページを頭に写し取る!新聞、雑誌でも大注目の、常識を覆す速読術「フォトリーディング」のノウハウを大図解。速読を超えた速読「フォトリーディング」がよくわかる。(引用元:amazon.co.jp


速読関係の本って凄く売れているみたいだけど、この本もとっても人気があるみたいですね。偶然手に取る機会があったので読んでみました。

最初の内容が余りにも(自主規制)で、別の意味で洗脳っぽいなあ…なんて思いつつ読み始めましたが、意外とためになりました。
といっても、この本に書かれているフォトリーディング手法が出来るようになった!なんて事は全くないですし、果たしてこの本だけで実践できるヒトがどれだけいるかと疑問ですけどねい。

けれど、フォトリーディングの手法を意識することで、良い意味で読書法が変わると思いました。
特に、本を読む目的を意識する事って実は大切なことだなあ、と。

10倍速く読めるようにはなれないと思うけど、一読して良かったです。

20080514

やって参りました…

今年はまーったくやってくる気配がなかったから油断してました。
というか、すっかり忘れておりましたよ。

花 粉 症 ………orz

一昨日から、くしゃみ鼻水鼻づまり目の掻痒感に加えて、今年は咳嗽まで出現する始末です。

パワーアップしてやってきたってわけですか。

。・゜・(ノД`)・゜・。

相乗効果抜群で発熱まで起こし、もう散々です。
あ、でも発熱は直ぐ治まりましたけど。

明日、病院へ行ってお薬もらってこようと思います。ずずっ。

20080511

今月の目標

5月ももう10日過ぎちゃってますが、心の中で立てていた今月の目標をブログに書き綴りたいと思います。

と、その前に先月の目標の振り返りを。

[4月の目標]
◯資格試験勉強に専念する。
◯政治学レポートを1通作成する。

去年も4月から大学に入学したり資格取得に目覚めたりと、環境&心境の変化があったのですが、今年も4月から環境&心境の変化が色々ありました。特に、新しいお仕事は本当に大変で、ようやく落ち着きつつあるものの、まだまだ学ばなければならないことが沢山あります。
なので、4月の目標はどちらも手をつける事ができない状況で終わってしまいました。がっくし。

実は、せっかく勉強のペースも掴めてきたところだったのに、4月はほとんど手をつける事が出来なくて、凄く焦ってしまって精神的に余り良くない状態だったのですよね。
けれど、よく考えたら焦って勉強する必要性って全く無いんだよなあ。改めてそれに気付いたら、すごーく気が楽になりました。
これからは、のんびりじっくり着実に学んでいけるように、頑張っていこうと思います!

[5月の目標]
◯英語D2通作成する。
◯日本史の下準備をする。

英語Dの教科書がようやく届いたので、こちらをさっと片したいと思います。そして、政治学を勉強する予定だったのだけど、そちらを学ぶ前に歴史を学べとアドバイスがあったので、先に日本史の下準備に励みたいと思います。でもせっかく政治学も手を付けていたので、こちらも本だけは読んでおこうと思います。

残り20日。
とにかく英語Dだけはできますよーにい(祈。

20080508

抱きしめてあげる

ずーっと昔から徳永さんは大好きで、今もよく聴いてます。
最近はカバーばかりだったのですが、凄く久し振りにオリジナル曲が発売されました。万歳!

がしかし。
この曲が昼ドラマ「スイート10〜最後の恋人〜」の主題歌になっていたのですよね。
昼ドラマニアなわたしは、このドラマもHDD録画して見ていたのですが、これがまたもの凄ーく最低最悪ドラマだったのですよ。

おかげで、この曲を聴くとドラマを思い出してしまうようになってしまいました。・゜・(ノД`)・゜・。

とっても良い曲なのにーなのにーなのにー。


20080506

[読了]裁判長!これで執行猶予は甘くないすか

裁判長!これで執行猶予は甘くないすか裁判長!これで執行猶予は甘くないすか

著者:北尾 トロ
出版社: 文藝春秋 (2007/04)
ISBN-10: 4163675604
ISBN-13: 978-4163675602
発売日: 2007/04

内容
笑いあり、怒りあり、涙あり…。法廷は、映画や小説、ワイドショーもぶっ飛ぶ人生劇場。これさえ読めば、もう裁判員制度もこわくない! 「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」に続く、裁判傍聴記第2弾。


以前読んだ「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」の続編をようやく読み終えました。前作で北尾さんのスタンスを理解していたので、今作はそれほど不快感無く読めましたよ。(@学習したわたし)

前作の傍聴素人っぷりが抜けきって、ますますパワーアップした今作は、より野次馬根性に拍車がかかり、さらには上から目線もちらほらと混じっておりました。けれど、前作よりもわたしは深く考えさせられることが多かったのですよね。…なんでだろう?

こういう傍聴マニアさんが書かれる本やネットコラムなどを読むようになって思うのは、犯罪というものがいかに身近にあるのか、ということ。そして、自らが被害者にも被告にもなり得ること。今作の中にも、そのような事件がたくさんありました。

また、北尾さんが取り上げる事件は特に小さな事件が多く、再犯率の高さについてところどころで書かれており、そういった事件のやり取りを読んでいると、裁判官や検事、弁護士の方々は、ある程度「仕事」としてこなさないとやってられないんだろうなあ、と思えました。…なんて、もちろん当事者にとっては一大事であるから、そんな風にこなされるなんてとんでもない!なのでしょうけどね。

色々考えさせられる部分もあり、また、今作は阿曽山大噴火さんとの対談やダンディさん(注:ダンディ坂野さんではないです)との対談から、「傍聴」についてのスタンスの違いを学ぶことができ、とっても興味深く読むことができました。

こないだ大阪高等裁判所に行ったのだけど、時間が無く傍聴が出来なかったので、裁判員制度も始まることだしそれまでには必ず傍聴に行こう、とこの本を読んで強く思いました。