続:独学生活。

通教記録帳ときどき雑記

2017:June

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>

20080903

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

20080211

刑法総論第3課題提出

刑法総論第3課題
「医師Aは患者甲を殺したいほど憎んでいたが、某日、甲殺害の故意で看護師Bに毒薬入りの注射器を手渡し、甲への注射を依頼した。ところが、Bは、それが毒薬入りの注射器であることを見破り、自らも甲を憎んでいたので、これを奇貨として、殺意をもって甲に注射し甲を死亡させた。A、Bの刑事責任について論ぜよ。」

刑法総論の初レポートは、第3課題を選択してみました。
やっぱり医療ものに食いつくわたしです(笑)

ということで、振り返りを。

憲法のお勉強の時、いきなり「芦部憲法」に手を出し初学者ゆえ理解不能に陥り撃沈した(←勉強した今は、芦部せんせの本の良さがわかりました!)ので、今回は「伊藤真の刑法入門」を最初に拝読しました。
伊藤せんせはほんっとにわかりやすく説明して下さり、刑法総論について大まかにざっくり学ぶことができ、その後、続けて「シケタイ」に突入。こちらで詳細に学び、ようやく課題の論点が見え始めました。

その後、「刑法入門」「刑法総論の思考方法」「刑法講義総論」「刑法」「刑法総論講義」と、とにかく有名どころの先生方の基本書を図書館その他で入手し、片っ端からざーっと読了。といっても、一部の本は通読できず摘み読みでしたけど(汗)。最初に伊藤せんせで大きく学んでいたので、今回はどの本も「言ってることわかるよー!」と何だか嬉しく読み進めることができました(笑)

で、ようやく課題に着手。
最初にBさんの刑事責任を書き終え、問題のAさんへ。
とにかくひとつひとつ丁寧に検討してみました。
これがめっちゃ難しくてほんっと辛かったっすorz

経緯を簡単に書くと…。

1:間接正犯の実行着手時期、利用者基準説採用。
2:殺人罪の間接正犯未遂が成立。
3:(客観的)殺人罪の教唆を指摘。
4:間接正犯と教唆の錯誤の問題。
5:故意責任→殺人罪の教唆が成立。
6:殺人罪の間接正犯未遂と殺人罪の教唆が成立。
7:観念的競合で、殺人罪の間接正犯未遂が成立。
[追記]7番目は間違ってます。

このような感じにおさまりました。
これで合ってるのか?と今も思ったりするのですが、とにかく22日までに2通は出したいし指導を仰ぎたいので、このまま出してみたいと思います。
どうか合格しますように(祈祈祈。

ところで。
ナンバリングの正しい方法がわからず、ちょっぴり(いや、実は結構)適当に書いてしまいました。
インストラクタ様、ごめんなさいっ。

☆----------☆

法律科目は、法学、憲法に続き刑法を学び始めましたが、刑法は他の科目とは違ったものですね。人が人を罰する、ということを改めて考え、もっとしっかりじっくり学んでいこう!と思いました。
そして、刑法でもまた哲学者さんのお名前を拝見し、ますます哲学への想いも募ります。(←なんでやねんっ)

続けて頑張るぞー。

20080903

スポンサーサイト

Comment

提出、お疲れ様です!いい結果で戻ってきますように(-m-)”

そういえば、刑法はスクに頼り過ぎて、あまり文献を借りなかったなぁ・・きづきさんの頑張りをみて反省です。

僕も民2、次はシケタイに行こう!&哲学の思い、なぜか僕もつのっとります・・
きづきさんは、本当にマジメに法律学に取組んでいるな〜。
刑法って、事例は大変だし、学説も入り乱れて難しいですけれど、
論理の積み重ねとか、これぞ法律学!っていう醍醐味が感じられますよね☆
とにかく、きづきさん、刑法の勉強頑張れ〜♪と応援したい気持ちです。
レポ提出おつかれさまです。
私もきづきさんの勉強への取り組みを見ると反省させられますし、やる気をいただいています☆
よい結果で帰ってきますように!



(=゜∇゜)ボー
きづきさん、すごいっス!!
そんなにたくさんの文献に当たられたなんて……
パワフル・ガールですなぁ。
私は趣味の本でさえ、そんなに読めませんよぉ。(〒_〒)ウウウ
今月中に読まなくちゃいけない本が20冊近くあるんですけれど、どうしよぉぉぉぉぉぉぉぉ。

まぁ、私のことはどうでもよくて。
きづきさん、ギガント御見事っス!!
高評価が獲得出来るといいですね、お祈りしてますよぉ。
そして、哲学に興味を持っておられるとのこと……実は私もです。
(*゜ー゜*)ポッ
学生時代に買い集めた哲学書を、読み返そうかなーなんて思っていますよーん。ああ、また課題図書が増えるぅ。
■こうさん
こうさん、ありがとうございます!
いい結果で返ってきて欲しいのですが…(泣)

刑法はとても面白いですね。何だかかなりはまってしまって、文献を読みあさっています(苦笑)
こうさんは民2、頑張ってはりますよね。
お互い、次は哲学へいきますか?!
…って、実は想いは募りつつも、難しさに躊躇しているわたしです(汗)

■ソムタムさん
わーん。ソムタムさんにそんなに誉めていただけるだなんて、めちゃくちゃ嬉しいですよう(感激)
これまで、法学、憲法と学んできましたが、刑法はとてつもなく学び甲斐があると同時に面白いですねえ。
なので、刑法はじっくり学びたいと思います!
応援ありがとうございますっっっっっ。
頑張りますよう(拳突き上げてみます。

■monpouさん
ありがとうございますっ。
わたしのブログが、monpouさんに少しでもお役に立てているだなんて凄く嬉しいです。
良い結果で帰ってくることを、わたしも願ってますっ。ああ。怖いなあ。

■志をりさん
それがそれが、刑法がかなり面白くてあっという間に読めましたのよう。
しかし、志をりさんは20冊ですか!それは凄いっ。
大変でしょうが、少しずつでも頑張って下さいね。

志をりさんは学生時代に哲学書を買い集めてはったのですか。
やっぱり哲学は大事な学問なのですね。
良かったら、志をりさんのオススメの哲学書があれば、教えて下さいですっ。
今日は、間接正犯と観念的競合と教唆と利用者基準説という言葉を学びましたぜぃ!!最初読んで何がなんだかサッパリ分からずだったのだけど、意味を知って何となくフムフム(と分かった振りをしてみる)。

ホント2時間ドラマみたいだけど、これが現実に起こってるんだよねぇ。私は今日犯罪心理学の本を読み終わったのだけど(読むものが家にこれしかなかった)、私が犯罪者にならないですんでいるのは本当にラッキーなのかもなぁなんて思ったよ〜。

しかし、利用者基準説以外は、普通に辞書に載っててビックリ←ビックリする必要なし?
追伸。
犯罪者にならないでいられてラッキーっていうのは、誰でも犯罪者になりえるのに、今まで罪を犯す事無く生きてこられたと言う意味ねん。唐突な書き方で分かりにくかったよね、ごめんごめん。
■姐さん
ぬおお。姐さん、ちゃんと辞書で調べられたなんて素晴らしいっす!そして、わたしも辞書に普通に載っていることを知ってびっくりしました(苦笑)

追伸の件は了解です。ってか、これまで刑法について知識が無かっただけに、こうして学ぶと姐さんと同じように感じますよ。
学べば学ぶほど奥が深く、もっとしっかり学ばなければ、という思いを抱きます。
姐さんが読まれた犯罪心理学の本、良かったら教えて下さいねっ。

Form