続:独学生活。

通教記録帳ときどき雑記

2017:April

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>

20080903

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

20080127

[読了]食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 〈上〉

食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 〈上〉食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 〈上〉

著者:山田 真哉
出版社: 光文社 (2007/4/17)
ISBN-10: 4334034004
ISBN-13: 978-4334034009
発売日: 2007/4/17

『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』第2弾
●あの牛丼屋に食券機がない理由
●節約しているのにお金が残らない理由
●『ゲド戦記』がすごい本当の理由
●1グラムなのに「タウリン1000ミリグラム」の理由
●経営者がキリのいい数字を目標にする理由
●「9割が泣いた」というコピーに惹かれる理由
●客のいない古本屋が潰れない理由
●「0円」広告が多い理由
●大阪がいつまでも東京に勝てない理由
●株の法則がデタラメな理由
そして......
●食い逃げされてもバイトを雇ってはいけない理由とは? (引用元:amazon.co.jp

さおだけ屋」さんで著者の山田さんに興味を抱いたので、続けてこちらも読了しました。

この本もまた、身近な例えを用いて「数字」のアレコレを教えてくれています。山田さんがあとがきで書かれているように、1時間程度で読めるようになっているのですが、じっくり読んでいくと実に多くのことが学べちゃうんですよね。素晴らしいなあと思いました。

「数字に上手くなる」をコンセプトに平易に書いて下さっていて、何度も何度も唸らされる内容でした。特に、「数字の暴力性」については「ほんとにその通りだなあ」と納得し、タイトルの「食い逃げされてもバイトは雇うな」の答えも納得。そして、何より「6時53分」に「なるほどなああ!」と激しく唸らされました(笑)
「数字」のもつチカラを知ることができ、「数字」に対する考えが一変。
読んで良かった、と激しく思っております。

こちらも気になるおヒトは図書館もしくはブックオフでどぞ!
わたしは買っちゃいましたけどねい。
下巻が楽しみです。

ちなみに、「さおだけ屋」さんの内容をより平易にしたもの且つ内容もややかぶりがあるので、先に「さおだけ屋」さんを読むことをおすすめします。そして、本当に会計を学びたい方には、かなり物足りない内容だと思われますので要注意。

20080903

スポンサーサイト

Comment

再びおはようございます(^^)
ぐわわ、あと15分で身支度スタートだわわっ!!えとえと、きづきさん、私「さおだけ屋」さんを図書館で借りてきましたーv(=∩_∩=) ブイブイ!!今日のお昼休みに、早速読もうかなーと思っています(そんな気持ちの余裕はあるかな??(笑))アマゾンで「さおだけ屋」さんを検索したとき、この本も紹介されていて……興味を惹かれましたが、まだ上巻しか出ていないようなので、完結したら買うor借りるつもりです。読む本がたくさんあって、てんてこまいまいです@@
さぁて、今日は頑張ってきますよーっ!!
■志をりさん
志をりさん、大事な日に書き込みをありがとうございます!
無事試験が終わることを祈っていますよう。

そして、「さおだけ屋」さんを早速借りられたのですね。
かるーく読める本なので、気分転換になると思います。
こちらの下巻はいつ出るか不明ですが(苦笑)
楽しんでもらえたら嬉しいです☆
食い逃げされても、
バイトは雇わないほうがいいんだ・・って思いました(そのままかい)
6時53分ってなに??し、知りたい・・
さおだけを読んだら、次はこれですね!
面白そうな本ですね(^-^)ちょっと読んでみたくなりました♪
きっと、きづきさんの紹介の仕方が良いんでしょうね!
まずは『さおだけ屋』から読んでみたいと思います(^O^)/
6時53分の謎、すごく気になります☆
ちなみに、食い逃げを刑法的にどう扱うべきか?
なかなか面白い課題ですよ。刑法各論で是非!
私も買ったけど、こっちは図書館でもよかったかなぁなんて思ったよー。さおだけ屋とかぶるもんね。

でも、食い逃げされてもバイトは雇わない方がいいって話はまたもや唸っちゃったけど(笑)
これも面白そうな本ですね〜。
きづきさんの記事を読むとすごく読みたくなっちゃいます♪
■こうさん
こうさんは素直さんなのですねええ。
理由を知ったら、なるほど…と唸りますよ。
6時53分については、ぜひとも立ち読みしてでも当該部分を読んでみて下さい。
目から鱗がでまくるはずです(笑)
さおだけ屋さんのお次にどぞ☆

■セツナくん
わたしの紹介の仕方、良いですか??
そう言って下さると何だか嬉しいです(笑)
けど、この本はほんとおもしろかったので、気が向いたらぜひ図書館でお借りしてみて下さい。
さおだけ屋さんからどぞ☆

■ソムタムさん
6時53分の謎は、ぜひ立ち読みでも当該部分をどぞ!
わたしが書くよりも目から鱗がでまくると思います(笑)
しかし、食い逃げを刑法的にどう扱うか?
おもしろそうな課題ですねええ。
刑法各論でぜひ頑張ってみたいと思います!

■姐さん
姐さんも買われたのですね。
わたしは両方手元に置いて、ことあるごとに読み返してます(笑)
この本って、会計だけでない着眼点や発想力について考えさせられますよね。
バイトを雇わない方が良い理由も、同じく唸りました(笑)

■monpouさん
これもおもしろかったですよー。
でも、さおだけ屋さんの方が確かに良かったかも??
ぜひ、monpouさんも機会があれば図書館でどぞ☆

Form